人気の理由や施術する前に知っておきたいことなどを説明します

ぱっちりとした目元に変身

注射器

施術方法を選択しよう

二重まぶたの整形を行うにあたり、まず選択をしなければいけないのが、どの方法で施術をするのかについてです。大きく埋没法と切開法とに分けることができ、それぞれの施術で特徴が異なっていますので、自身の希望に適した方法を選択しなければいけません。はじめに埋没法から見ていくと、こちらは医療用の糸を用いて二重のラインを作るのが特徴的です。メスを使わないやり方で、いわゆるプチ整形と呼ばれるのがこの手術です。皮膚を切ることなく糸で形を作っていき、手術も短時間で済むため負担も小さめと言えるでしょう。ダウンタイムも短めとなっており、比較的早く日常の生活に戻ることができます。続いて切開法についてですが、こちらはメスを入れて形を作るのが大きな特徴です。切除が伴う分、埋没法と比べると負担は大きくなってしまうものの、脂肪も同時に取り除けることでスッキリとした目元を実現することができます。腫れぼったい目元を解消したい人にも適しており、切開する方法が選択されるケースも少なくありません。両者はいずれも二重整形には違いありませんが、特徴は大きく異なっています。仕上がりにも影響を及ぼすため、医師とよく相談をしながら判断を下すようにしましょう。

埋没法が適している人の特徴としては、メスを入れることに抵抗がある場合です。糸で留めるだけの施術ですので皮膚への負担が少なく、心理的な不安も切開法と比べると小さく済むはずです。もし気にいらない時には糸を取り除くことも可能であり、戻せるチャンスがあります。したがって二重にしたいものの、リスクが不安という人に適しています。ただ、糸で留める方法ゆえに取れてしまう可能性がある点には注意した方が良いでしょう。意図せず元に戻ってしまったり、形が崩れてしまったりするケースもあるため、仕上がりの維持に苦労してしまう可能性も否めません。一方の切開法が適しているのは、状態をしっかりと維持させたい人です。切って形を作り上げる分、持続性の面では埋没法を上回り、目を擦るなどしても戻ってしまう心配がありません。しかしながら切開をする場合は基本的には元に戻すことができません。二重があまり似合わない、幅が気に入らないなどの場合でも以前の状態にはできないため、相応の覚悟が必要になる選択肢です。ある程度は後から幅の変更もすることができますが、その際にも切開をしなければいけませんので、もしやり直すとなると手間やコスト、皮膚への負担が増大することが考えられます。