人気の理由や施術する前に知っておきたいことなどを説明します

理想の目になるためには

施術中の女性

納得のいく仕上がりへ

二重整形を行えば一重の人でもナチュラルな二重になることができます。納得のいくラインを形成するのには念密なカウンセリングが必要になります。何故ならばミリ以下のズレでも仕上がりに大きく影響を及ぼしてしまうからです。整形の仕方としては埋没法と切開法がありますが、埋没法は切開せずに行う施術で切開法はメスでまぶたを切って行う施術です。どちらに関してもカウンセリング時のシミュレーションが大切です。カウンセリング時にラインの幅を決めていくのですが、専用の器具を使用してどの位置にラインを形成するのかを決めていきます。納得のいくまでシミュレーションすることをおすすめします。特に切開法に関しては切開する訳ですからやり直しが効きません。そのため慎重に行う必要があります。反対に埋没法の場合は糸を使用してラインを形成するのでやり直しが効くというメリットがあります。糸が取れてしまうと元の状態に戻ってしまう可能性がありますので保証期間の長いクリニックの方が安心でしょう。二重整形は医師の技術とデザイン力が鍵となります。理想の仕上がりを求めるのならば評判の良いクリニックでカウンセリングを受けてみてください。同じ美容外科でも店舗によって評価が変わると考えたほうが良いかもしれません。

二重整形を行う際にはまずカウンセリングから始めます。二重整形自体は短時間で完了するのですが施術方法によっては後日赤みや腫れが生じる場合があります。周りに整形をしたことがバレるのを懸念しているのならばある程度まとまった休みを利用して行ったほうが良いかもしれません。切開法の場合はまぶたを切開しますので一時的に傷になっている状態です。そのため、赤みは腫れが生じることがほとんどと考えてください。数日から数週間でだいぶ引いてきますが、その期間については個人差があります。埋没法の場合はラインを切開して作るのではありませんから、切開法に比べて赤みや腫れが生じにくくなりますが、まぶたに厚みがあるタイプの方ですと腫れが目立つことがあるのでその点についても頭に入れておきましょう。カウンセリングを行った後に手術の日程を決めます。カウンセリング後にそのまま手術することが出来るクリニックもありますが、大体の場合が後日になりますのであらかじめ予定を組んでおきましょう。人気店の場合は予約が埋まっていてだいぶ先になってしまうことも考えられます。契約書にサインをすることによってすべて合意したとみなされるので、必ず契約書の内容は把握しておいてください。